FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月21日 福島11R 福島牝馬ステークス(GⅢ)
福島11レース 福島牝馬ステークス(GⅢ)

中山牝馬ステークスの再戦の趣が強い。
中山の結果は逃げ馬と前目ポケットの馬が1,2着。

今回、⑧ノートフォーマルが先手主張の構えで、
今の福島の馬場もあり、前が早くなる展開とみた。

軸一頭目は③レイホーロマンス
その中山で外から差してきて3着。
競馬を覚えさせてきた節があり、
ここで開花を見そう。

軸二頭目は⑪ワンプレスアウェイ
中山牝馬は出遅れがすべて。
もともとが小回りローカル向きで、
追い切りもよく動いた。
ここまで人気がない馬ではない。

馬連
3,11=4,5,6,7,9,12(12点)


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします
↓↓↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト
4月15日 中山11R 皐月賞
中山11レース 皐月賞GⅠ

ダノンプレミアム回避で混戦だが、
出ていても勝てると思っていたのが、⑩ジェネラーレウーノ
これを軸1頭目としたい。

まだ実績は京成杯だけだが、
まだ発展途上の状態で完勝。
皐月賞直行はプラン通りで、
みっちり調教で力をつけてきた。
雨予報で、最終週の中山の荒れた馬場。
上がりの競馬にはならないはずで、
メイショウサムソンのようなねじ伏せる競馬を期待する。

軸二頭目は前走トライアル仕様の①タイムフライヤー。
人気を背負いながら、ホープフルSを完勝。
前走案外だったが位置取りが後ろすぎただけで、きっちり脚は使っている。
内田への乗り替わりと内枠で人気落としているが、今年の大舞台での内田は既にフェブラリーで結果を残している。自信を持って乗れるはず。

人気ほどほどなので相手は手広く。
⑤キタノコマンドールはまだまだ経験必要で消し。

1,10=2,3,7,9,11,12,14,15(16点)


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします
↓↓↓


人気ブログランキング
4月14日 阪神11R アーリントンカップ
阪神11レース アーリントンカップ

④ラブカンプーの出方次第で、展開が大きくかわる。
前と後ろで一等ずつ軸を選びたい。

また、休み明けの馬はNHKマイルが本線であり、
評価は下げたい。

軸1頭目は⑪レッドヴェイロン
この兄弟はそろって阪神マイル得意でこの時期も合う。
未勝利をなかなか抜け出せなかったが、もとより叩き良化型。
調教も強めを消化できており、この人気なら一発狙いたい。

軸2頭目は②インディチャンプ
毎日杯でも評価したが、3着なら上々。
①パクスアメリカーナと迷ったが、
鞍上の調子、阪神適性を加味して、こちらをとった。

人気の⑥タワーオブロンドンは前哨戦でもあり、
またそれを覆す能力まではない。
朝日杯は完璧に乗られ、3着。
来られたら、仕方ないスタンスでよい。

馬連
2,11=1,4,5,6,10,12,13(14点)


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします
↓↓↓


人気ブログランキング
4月8日 阪神11R 桜花賞
阪神11レース 桜花賞

今年はチューリップ賞組が抜けている。

その中で勝負付けが済んでいると思い、
①ラッキーライラックの逆転候補として⑬アーモンドアイが売れている異常オッズ。

ラッキーを逆転するのは⑨リリーノーブル一択。
トライアルをトライアルらしく緩めに使ってきた。
立場的にも楽で今度は逆転。

ラッキーは切りたかったが、正直相手になる馬がいない。

可能性は武の⑰マウレアとエルフィンの⑤レッドサクヤ。

買い目は馬単と三連単で。

馬単
9→1,5,17(3点)

3連単
1着軸9→1,5,17(6点)


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします
↓↓↓


人気ブログランキング
4月7日 阪神11R阪神牝馬S(GⅡ)、中山11RニュージーランドT(GⅡ)

阪神11レース 阪神牝馬ステークス(GⅡ)

阪神牝馬→ヴィクトリアマイル→安田記念
と続く古馬牝馬トップ路線。
1着賞金5,500万円だけに、ここが叩きか狙いか、
見極めることが大事。
例えば、ソウルスターリング。
能力とルメールで来てしまうかもしれないが、
本音はこの後の2戦が狙いだろう。

軸一頭目は①ジュールポレール
昨秋のエリ女杯は明らかに距離不向き。
昨春の阪神牝馬、ヴィクトリアⅯともに3着は力上位。
阪神マイルは得意、内枠は苦にする馬ではなく、
インで我慢し、最後に抜け出せる。

軸二頭目は②アドマイヤリード
東京新聞杯は出来八分。
ただ負けすぎただけに、ここで巻き返したいところ。
狙いはヴィクトリアⅯであろうが、
ここで負けるようでは、デムーロを本番に迎えられるか微妙なだけに、
結果は残す必要あり。
ルメール=ソウルは決定だけに、デムーロは確保したい。

牝馬だけに勢いある馬も含めて紐に

買い目
1,2=3,4,5,9.10,11,13(14点)

中山11レース ニュージーランドT(GⅡ)

抜けた馬がおらず、今年も混戦。
中山適性(馬場適性も)、騎手、調子の総合的な判断が必要。
能力も大事だが、馬の器用さは欠かせない。

また、コスモイグナーツが引っ張る早い流れになりそうで、
ある程度後ろから馬群をさばいて差してくる馬を狙いたい。

軸一頭目は⑧ラムセスバローズ
ダートで力をつけ、前走中山千六で中団からきちんと捌いて1着。
人気にきちんと応えたことが大事。
もちろんルメール→内田は不安要素であるが、
もともと内田は中山が一番得意。

軸二頭目は⑩ファストアプローチ
ここ一連の皐月賞トライアルをみると、
昨年の朝日杯はレベル高い。
その意味では⑭ケイアイノーテックと迷ったが、
ダノンプレミアムに早々と交わされながら、粘ったこの馬の方
を評価した。ケイアイは外枠という不安も。
札幌で結果を出しているのも馬場適性という意味では強み。

買い目
8,10=4,5,6,9,12,14,15(14点)


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします

↓↓↓


人気ブログランキング
copyright © 2018 東京大学経済学部競馬学科 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。