スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月31日、4月1日の回顧
3月31日、中山10レース

4番人気-10番人気 12,140円 はずれ(/ω\)

1着から16着まで1秒差の大接戦。
うまく捌けた馬が上位を占めた典型的な中山の競馬
軸に推した2頭、特に期待したアイファープリティは
内枠を利せると思っていましたが、
逆にごちゃごちゃした展開で捌けませんでした。
ここまで負けてしまうと、走り頃をつかむのが難しいです。
前傾ラップには対応できる馬で、逃げか二番手がとれそうなメンバー
でしか好走は望めないかもしれません。


3月31日、中山11レース ダービー卿CT

4番人気-6番人気 3,890円 的中!('◇')ゞ

こちらはうまく捌いたヒーズインラブが期待に応えてくれました。
もう一頭の軸のテオドールは惜しくも4着。
紐で人気薄の2,3着も抑えられたので、ほぼ完ぺきでした。

ただ誤算はマルターズアポジーのため逃げ。
あれでは持ち味は活きません。
しかし、番手からキャンベルジュニアが2着死守。
これは評価していいと思います。

あと、グレーターロンドン、5連勝から安田記念4着、毎日王冠3着と
人気は落ちないですが、そろそろ見限っても良いころかと思います。
母ロンドンブリッジなので、もしかすると早熟かもしれません。
馬券に絡んでくる可能性はありますが、
GⅠまでの評価は全くできません。(自分も一時期期待したのですが)


4月1日、阪神11レース 大阪杯

1番人気-6番人気 2,930円 的中!('◇')ゞ

スワーヴリチャードはミルコのファインプレー。
苦手な右回りを早め先頭でラチ沿いにもっていくことで
うまく隠すことができた。
この後は宝塚記念とのことだが、危ない人気馬になりそう。

差し競馬ならペルシアン、先行残りならタンビュライト、
結果はペルシアンが2着確保、紐が上位独占とほぼ読み通りの結果。
アルアインは人気をかぶり勝ちにいった分で、2着と同評価。

しかし、シュヴァルグラン、ゴールドアクターの大敗で天皇賞の評価は難しくなった。
今はクリンチャー軸、チェスナットコート穴としておきたい。

ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

↓↓↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2018 東京大学経済学部競馬学科 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。