FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月14日・15日の回顧
先週は結構自信あったのですが、
両方とも3着どまり。
3連複・単で狙うべきレースでもなく、
結果的には残念でした。

土曜阪神11レース アーリントンカップ

1番人気-2番人気 1,050円

軸馬が3,4着。
人気も4番人気、3番人気でしたが、
なんとももどかしい結果に。

ラブカンプ―は溜め逃げでしたので、
瞬発力勝負になりました。
タワーオブロンドンはうまく乗られた結果なので、
仕方ないと割り切ります。
ただ、マイルカップの本命にする気はありません。

注目は3着のレッドヴェイロンでしょうか。
マイル重賞の強いところでも突っ込んでこれるレベルにはあります。


日曜中山11レース 皐月賞

7番人気-9番人気 12,880円

前半59.2の後半61.6の前傾ラップ。
素質から期待していたジェネラーレウーノはこの前半ラップを作り出す
要因になりながらの3着。
もう少し抑えてまともな競馬をさせていれば、勝利も可能だったと思っています。

離れた4番手、6番手が1,2着。
意外とスタミナが問われた結果ではないでしょうか。
サンリヴァルの藤岡Jは前年のクリンチャーの反省を生かし
先行策を結果を出しました。

ダービーに向けては、人気馬ステルヴィオやワグネリアン
キタノコマンド-ルなどの上積みは当然見込まれますが、
今のところ、ジェネラーレウーノです。
どのくらい気性面の成長が見られるか、
どのくらいの名馬に育つのか楽しみです。

最近はダービーを狙ってとりにくる馬も多く、
青葉賞・京都新聞杯も要注目でしょう。

次回は的中できるよう、がんばります!

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします
↓↓↓


人気ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2018 東京大学経済学部競馬学科 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。